iPhoneをビジネスン活用
 〜音声入力を活用した効率的文章作成〜
 

文章作成、特に長文ともなるとそれなりの労力を必要とします。
そこで今回は、スマートフォンとクラウドアプリ、PCのそれぞれの長所を活かすことで、長文でも文章を楽に作成できる方法をご紹介します。

通常、長文作成には、PCのキーボード入力で作成する方法が一般的と思われます。
しかし、これにはそうとう骨が折れるのではないでしょうか。
そこで、その手間を省くためのツールとして、音声入力の活用をお勧めします。
ただしPCで音声入力をしようとすると、専用のソフトや入力用のマイク、セッティングなどが必要です。
なんの準備もいらず、すぐに音声入力ができる装置がアイフォンなのです。

アイフォンアプリ「Googleドキュメント」をダウンロードし、お使いのGoogleアカウントとパスワードを入力します。
(注)「Googleドキュメント」はGoogle社が提供する誰でも無料で使うことのできるクラウドサービスです。文字数の制限もなく文章を作成することが出来ます。
ただし、個人情報などセキュリティが必要な文章はやめましょう。


Googleドキュメントの起動

マイクアイコン

アプリが立ちあがったら、文字入力画面の、「マイクアイコン」をタッチし音声入力に切り替えます。
そこで普通に話せばみるみる文章が出来上がっていきます。音声認識の精度は極めて高く、同音異語の漢字もほぼ間違いなく変換されています。

また、記号についても音声入力が可能です。
例えば、
。は「まる」
、は「てん」
改行は 「かいぎょう」
( )は「かっこ、かっことじる」
「 」は「かぎかっこ、かぎかっことじる」
!は 「かんたんふ」
?は 「はてな」
といった具合です。


音声入力画面

PCによる編集画面

音声入力で一通りの文章を作り終えた後の、推敲・修正にはPCを利用しています。作成した「Googleドキュメント」をPCで開き、文章全体を見渡しながら、キーボードで楽に修正できます。
これで長文でも素早く楽に作成できます。
ぜひ活用してみてください。